綿棒を上手に使い、生地を延ばしています。
このあとはいよいよ、麺を切ります☆